小咄

小咄

くろねこ太郎の落書き部屋 小咄ページです

6月18日

 

 

 

晴明「と言う事で
途中で居眠りこいたら書き損じての

強力な魅了の符が出来てしまった さすが私ぞ」ふっ

 

一同「へー。」

晴明「いや、食いつけ 若人共。」おい

 


シロ「魅了とはつまり
その符の力で 魅力が有ると錯覚させ、人を惹き付けるのであろう?

日本男児なら まやかし等使うな情けない」

晴明「うむ。小僧に真っ向否定されたわ」

 

テオドール「蒼月さんが食いつかないのに驚きまして御座います」おおっ


蒼月「俺はやろうと思ったら
自力で催眠かけられるもん。」

粋「あー、普段から素でちやほやされてナンボとか言ってるもんなあ」

家康(お店のお姉さん達は 素で演技してるんだけどね。)茶ずずー。

 


千様「アタシはもちろんそんなのいらないしー
何処かの金持ちに高額で売り飛ばしたら?」のほほーん。

晴明「いや こんなもん外に出したらド偉い事になるわ。
お前等なら面白くなるかと思ったんだがのう」うーん。

 

 

粋「面白くって
俺等は 玩具じゃね Σうおっ!?」

風びゅうっ!


テオドール「Σああ!御札がっ」

 

 


与一「Σぶはっ!何だこの紙切れ 
Σうお符!? あわわわ滅される滅されるっ」あたふたっ


千様「それはそういう御札じゃないから大丈夫よー?」あらあらっ

与一「そうなのか?」へ?

 


白「あれ、急に暗くなってきた
雨かな」空見上げっ

粋「あー。
大雨の直前って 大概風吹くもんな」

晴明「いや。それにしても 何かおかしいような」

 

 

テオドール「あの、与一さんって
前に、閉じ籠っていたアマテラス様に気に入られ
外に引っ張り出す役目を致されましたよね?」冷や汗っ

家康「Σあ、これそうなの!?
迎えに来ないと また籠っちゃうぞ。 て奴!?」ひええっ

 

白「脅しが分かりにくいな」うーん。

 

与一「Σだああちょっと引き受けただけだったのに面倒臭いっ!

私に世界の命運とか無理だぞ! 」あわわわっ


晴明「ならその符を捨てよ。
それのせいで 今、御主の魅了の力が増しとるのじゃ」

与一「Σなんて物作ってんだ!!」

ぐしゃぐしゃぽーい!

 

 

千様「しっかし 与一さんも、またド偉いお姉さんに気に入られたわねー」

家康「話聞くかぎり
暇なお嬢様の戯れっぽいけどね」

粋「戯れで太陽無くなるとか怖すぎんだろ」ひええっ

 

 

蒼月「しっかし 効き目エグいなあ。
何をどう間違ったら あんなの作れるんだよ」ジト目っ

晴明「稀代の陰陽師をなめるでないわ」どやっ

 

白「あれ?」

 

粋「兄貴?
どうし Σうお!?」びくっ

 

テオドール「おや。百鬼夜行に御座いますか?」

白「俺の知らない奴等だぞ」


蒼月「Σって事はまさか!!」はっ

 

 

滝夜叉姫「今日は居るかな?居るかな?」わくわくそわそわっ

 

 

家康「Σ天海いいー!! 今拾ったのポイしてーーっ!!」ひええっ

魄哉「はい?
あ、 殿のですか?これ」ぐしゃぐしゃの御札っ


千様「良いからとっとと捨てなさい!
性癖ヤバヤバ地雷お嬢様がパワーアップして攻めてくるわよっ! 」

 

魄哉「だおりゃああ!!」ふんっ!


蒼月「Σまた飲み込み早いな!」ひえっ

シロ「滝夜叉姫絡みの時点で 全力拒否なのだろうなあ。」

氷ぺきぱきーん。

 

千様「あ。さすが
既に何体か仕留めてくれてるわ」

粋「あ、退いてく退いてく

さすがに素面で此処に攻めちゃ来ないよな」ほっ

 

 

びゅおっ!

 

 


テオドール「うわっ 今日は風が強う御座いますねえ」

 

 

ひゅーん

 

ぺすっ!


白「あいた。」


●一同「Σわーっ!!」


粋「Σうおお戻ってきた!

兄貴こら拾わないの!
ポイして ポイ!!」ひええっ


白「ポイって 
でもこれ 其処らに落としたら 絶対また誰かが拾う流れだよな?

この家 変なの呼び寄せる奴しか居ないぞ?」


テオドール「Σ一番ヤバイの呼び寄せるのは貴女様に御座います

何人 ネジのぶっ飛んだ押し掛け女房が来ると思ってんで御座いますか!!」

 

 

炎ぼっ!


一同「Σあ。」

 


白「この世から消しちゃえば問題なしだ」ふー。

 


千様「さすが冷静」あらあらっ

魄哉「いえ、よく見て下さい。
冷や汗出てます」

晴明「顔に出とらんだけで
焦り倒したんだのう
やはり面白いわ」わははっ

 

 

シロ「と、言うか

魅了の符と言っておきながら
結局は男女の仲に関する効果しか無かったな。
つまらん物だ」ふんっ

 

蒼月「お子様だなあ。
最終的に 生物が行き着く所はそこでしょ?」

シロ「お前と一緒にするな」

 

晴明「まあ、今回は使用者がアレなのばかりであったのでな

使う物が使えば 世界平和にもなり得た符なのだが
いや惜しい事をしたな」ふっ

粋「なんて物を玩具にしてんだよ」引。


晴明「効力の強すぎる物は つまらん事に使った方が良い事もあるからのう」どやっ

 

 

 

彬羽「ん?なんだお前等
裏庭で何してるんだ」


テオドール「おや、彬羽さん

あ、確かに万一拾っても 大丈夫そうで御座いますね

野山の動物に好かれてそうに御座います。」

彬羽「何の話だ?

それより晴明

お前 酔っぱらって
泰澄が作りかけてた符の山に落書きかましただろ

泰澄の奴 怒って部屋に閉じ籠ったらしいぞ」

晴明「Σげ」

 


魄哉「ん?あの御札は 
お孫さんの書いてたのに 泥酔落書きして 偶然出来た物だったんですか?」うわー。

蒼月「マジで何してんの
この古狐」うわー。
 

 

晴明「も、燃え残っとらんかの?」冷や汗っ

白「おとなしく 謝ってこい。」きっぱり。

晴明「Σ謝るってどうやるのだ!?」えええっ

 


千様「晴明さん。 今までどうやって生きてきたの?」

粋「うちの兄貴でも ごめんくらい言えるのになあ」うーん。

 


与一(出来たら 私にも一言詫びが欲し

あ、もう良い あんな大人にはなるまい) うん。



 

くろねこ太郎の落書き部屋 [フォレストページ+] 夢小説対応・簡単オシャレな創作サイト作成サービス <サイトトップへ戻る