小咄

小咄

くろねこ太郎の落書き部屋 小咄ページです

5月29日

 

 

 

【瓦版屋】

 

版元のおっちゃん「おお。雨、上がって来ましたな」

石燕「そっすね。
雨宿り ありがとさんした」ぺこりっ

 

版元の見習い「Σあ。いえいえ 石燕先生に風邪をひかせては一大事ですのでっ

帰り道もお気をつけて」ぺこりっ

 

石燕「うす ありがとうございやす
では」すたすたっ

 

 

 

版元のおっちゃん「見事に数時間 無言だったなあ」ふう。

版元の見習い「無口な方ですね」へー。

版元の皆さん(単に 話題の無い男なんじゃなかろか。)うーん。

 

 

 


石燕「うげ、また降ってきたっす
そろそろ梅雨っすかねえ」


どろんっ。

与一「私に話しかける感覚で 他の奴等とも話せば良いのに」ふよふよっ

石燕「人間は嫌いっす」


与一「うむ。とりつく島も無い。

ん?」

 

 

石燕「さっきの店の見習いさんすね。
あわてて何処行くんしょ?」

与一「いや何処行くと言うか 追われてないか? あれ」

 


石燕「ほう。ちらちら『上』を気にしながら 『何か』から逃げてると」

 

 


与一「・・・。」じとっ

石燕「んな睨まなくても

旨い茶の礼ぐらいするっすよ。大人なんすから」ほんとにもー。

 

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 


見習い「ひいい 助け Σああっ!」躓きどしゃあっ

 

ずるっずるるるるっ

 

 

鬼婆「やや子の御飯
みいつけたあ」ふふふふっ


見習い「Σぎゃーっ!!」ひええっ

 

 


石燕「いやいや離乳食にゃ硬いっしょが。」

御札ばららっ

 

 

鬼婆「Σあぢっ!!あだだだ!!

誰だ。邪魔をする気か!」くわっ

 

石燕「落ち着くっすお母さん。

此処等は魔王様のお膝元っす。
アンタ等には 人間襲うなと御達し出てるっしょ?

 

そげな所で こんなのしてるのバレたら お子さん1人残されて可哀想。とかになんないすかねえ?」

鬼婆「Σ何故に人間の癖にそこまで知ってる!!」

石燕「魔王様と知り合いっすから」さらりっ

鬼婆「Σ人間なのに!?」えええっ

 

 

与一「結局妖怪側かお前。

そもそも あやつとて、子供の為にやっとるなら 母親の命までは取らんと思うが」


鬼婆「そうなの?」おっ

石燕「Σう。実質2歳児が余計な事を」

 


見習い「あ、あの石燕先生?
妖怪と喋ってる?え?
あなた絵描きだったんじゃ」混乱っ


石燕「そっすね。化物専門の絵師っす
こうやって間近で本物見てるから 化物絵が得意なんすよ

ん?逆っすか」えーと。

 

 

見習い「Σプロってすっげえええ!!!」えええっ

与一「Σあ、誤解した」

 


石燕「見たくなくても見えるってだけの話なんすがね

ちゅー事で 帰った方が無難っす
魔王サマに言いつけるっすよ?」


鬼婆「そうはいかん!
家では我が子が腹を空かせて
石燕「いやだから 人間じゃなきゃなんない理由ってなんすか
肉が良いなら 他の動物狩れば良いっしょ
何で人の肉にこだわるんすか?」

 


鬼婆「人間って何処でも沢山居て、
しかもトロいし捕まえやすいから。」真顔っ


石燕「あっしなら 罠でも作ってウサギ辺りを捕るっすけど?」

鬼婆「え?面倒くさい」きっぱり。

 

 


与一「魔王にキレられる方が面倒な事になると思うんだがなあ」うーん。

見習い(魔王? え?そんなの居るの!?)混乱っ

 

 


鬼婆「ええい。ごちゃごちゃ煩い!

人間ごときが私に説教するでない まずお前から食らって

・・食らって」えーと。

 


石燕「ガリガリなんで食う所ないっすよ」どや。

鬼婆「うーん。 骨までスカスカそう「喧しいっす。」

 

 

鬼婆「と!とにかく!
チクると言うなら 口封じするまでよ!!

だいたい何故 人間のみ食うてはならんのだ!
ワシ等 古くより人を食らって来た妖怪をなめるでないわ!! 」くわっ


石燕「ごもっともなんすがね。

そりゃ人間にはアンタみたいな御大層な牙も爪もありやせん」毛有毛現の筆すちゃっ

 

 

見習い「Σあああ石燕先生!!」ひええっ

 

 


石燕「しっかし 弱い分、小手先でどうにかしちまう 面倒な生き物が人間っす。」筆びっ!

鬼婆「Σうお。何だこの落書き

Σえ。ちょ Σぎゃああ締まる締まるうううっ!!」縄ぎりぎりひええっ

 


石燕「あ、やっぱ紙でなく直書きでも行けるんすね

捕獲完了っす。」


与一「毛有毛現の筆に こんな使い方があったのか。」おおっ

 


見習い「すげえ」ぽかーん。


与一「あ、忘れておった
おい。こやつどうする?」

石燕「そっすねえ


此処で見た事は忘れるっす。
じゃなきゃ

鬼婆なんぞ屁でもないよな こっええのがアンタを食らいに来ることなるっすよ?」ふふふふっ

見習い「Σひっ!わ、解りました!!」ひいいっ

 


与一「お前 つくづく正義の味方や 英雄になる気は無いのだなあ」うわー。

石燕「人間の中でそんなんなってどうすんすか

ん? なんか騒がしいっすね」

 

 

 

町人「Σ化物だー!屋根の上で何か踊ってるぞー!!」ひいいっ

 

石燕「ホント 魔王様のお膝元で 根性あるヒト達っすねえ
どんな妖怪っしょ。こりゃ顔見ないと」わくわくっ

与一「うむ。正義でなく
完全に趣味だなお前のは」

 

 

 

ーーーーーーーーーー

ーーーーーーー

 

 

 

粋「Σ石燕が血まみれで見つかったって!?」えええっ

テオドール「ええ、それはもう無惨な。

耳血、鼻血その他 あちこちから出血されておりまして」溜め息っ

粋「あの、それって」えーと。

 


白「毛有毛現の筆
使いすぎたら危ないって 晴明にも言われてるのになあ」

彬羽「石燕の野郎
珍しい妖怪を見るとはしゃぐからな」やれやれっ

 

 

くろねこ太郎の落書き部屋 [フォレストページ+] 夢小説対応・簡単オシャレな創作サイト作成サービス <サイトトップへ戻る