小咄

小咄

くろねこ太郎の落書き部屋 小咄ページです

5月19日

 

 


 家康「こら天海待ちなさいっての!
逃げても何も解決しないからっ」どたばたっ


魄哉「せいっ!」

煙玉ぼぼんっ!

家康「Σどわーっ!! 」げっほごほっ


 
煙もうもうっ


家康「Σうう。逃げられたかっ」げほっ。


 
蒼月「いや何してんの? え?ジジイが逃げてる方?」ええー
 
千様「中身でも入れ替わってるのー?」あらあ
 
家康「Σ中身私だとしたら 後が怖くてこんな事出来ません!!」げほっ

 

千様・蒼月「確かに」ああうん
  

 

白「で、結局何なんだ?」

粋「さあー?」首傾げっ

 

 

 

間。

 

 

飛天「実はさ  って何で俺が出てきた途端、そんな感じ?」なあ


白「またワケの解らない薬作ったのか
めちゃめちゃ怖い人体実験しようとしてるのかどっちだろうな?って」距離取りっ

飛天「失礼だな。
人体実験はしてないって
結果として 実験データが取れるって言うか

テオドール「データも無い物を治療に使うのは いかがな物かと思われますが」

 


飛天「・・それはさておき。」


一同(さて置くな。)

 


飛天「今回のは真面目な話なんだよなあ

ほら 今絶賛逃走中の最高僧様、
ぶっちゃけ鳥だろ?」

千様「そうねえ
忘れかけてたけど 鳳凰だったわ」うんうんっ

 

飛天「で、その鳳凰サマに この度の換羽期で生えてきた羽がコレだ。」


羽毛ふわっ。

 


蒼月「ん?何これ 
捻れてんじゃん?」

飛天「そうなんだよ。
1本2本ならともかく なんか今年多いらしくてな」


千様「へ? 捻れてると何か困るのー?」

 

家康「捻れてるだけなら良いんだけど
怖いのはその原因だね。

ぶっちゃけ 何かの病気のせいでマトモに羽が生えてこない事も有るらしいんだよ」鼻ずびっ

 

粋「Σそれで羽毛アレルギーなのに頑張ってんのか!」ひえっ

家康「天海もトシだからねえ
どこなり体にガタが来ても Σぶへっくしゅーん!!」

 


飛天「ごめんごめん。もう羽しまうから。

 

そんなワケで検査したいんだけど
サンプル これ1本取っただけで逃げられてさ」うーん。

 

 

白「むしったな?」

飛天「むしったよ?」真顔っ

 

蒼月「いや、めちゃ痛いだろ

こんな根元しっかりしたのひっこ抜かれたら そりゃ逃げるよ」うええっ

千様「そうなの?」


蒼月「俺は蛇だから なんとなくしか解んないけどね

あ、カラス帰ってきた。
ねえねえ、付け根これくらいの羽って ひっこ抜かれたらいったいよねー?」

 


彬羽「・・は?」

 

粋「聞いただけで半ギレなんだけど。」

 

テオドール「貴方もカラスに御座いましょうが

何故に毎度、患者の痛みを緩和しようとしないので御座いますか」ほんとにもー。

飛天「動物の治療は 手際が命だから?」大真面目っ

 

家康「うん、天海は話せば解るからね?
何なら 其処らの人間より賢いからね? 今度から会話してね?」

 


粋「つーか、そこらの人間より賢くて 逃げるって」うわ。


千様「前にアタシが 羽ペンてのに憧れてー
尾羽ひっこい抜いた時、 1週間くらい威嚇されてたのって
そんな痛かったからだったのねー」成る程。

蒼月「それは ちょっと違うと思うよ?」引。

 

 

家康「とにかく 天海を捕まえなきゃ
痛いのも嫌だろけど 病気だったらもっと大変だよ

最悪 空に逃げかねないし、皆手を貸してよ」

 

蒼月「まあ、居候先無くなったら困るし 
仕方ないなあ」やれやれっ

シロ「む? 何だ また何ぞ事件か?」ひょこっ

与一「人数要るなら 此処にもおるぞ。」よっこらずるずるっ

石燕「Σうお 昼の日差しが目に染みるっす!」

 

テオドール「石燕さん いい加減に またカビ生えまして御座いますよ?」

 

 

白「被害者が増えただけの気がするけど。
羽むしられるのって そんな痛いのか?」

彬羽「部位にも寄るが
最悪、生爪剥がされるみたいな物だな」

 

 


飛天「じゃ、羽収集よろしくー
適当に 部位違いで後5枚はほしいな」へらっ

粋「Σ今の聞いた後でそれ!?」

蒼月「Σつか丸投げすんなよ!
結構命がけなんだけど!!」


飛天「俺は 狩人ではありません。
検査する人でーす

じゃ、よろしく」へらっ

 

 

千様「頑張ってね 
皆、生きて帰ってねー」

 


テオドール「あ、千さんの能力無効化を使えば
千様「アレ使えば鳥になって逃げる事は出来なくなるけどー

皆も能力無効化されるから 普通に殴る蹴るでボコられるわよ?」

 


家康「天海は『初代 服部半蔵』だからねえ」


石燕「つか、能力無効化食らったら
あっしただの 腐ったモヤシっすよ?」

蒼月「臭い汁出すなよ。
しゃーない 魔王サマに全面に出て貰って頑張って捕獲しよ」


白「嫌だな」ため息っ

シロ「ん? こやつがこげに嫌がるとは

何の話なのだ?」

 


彬羽「未来有る子供は置いて行った方が良いかもしれんな」うーん。

シロ「Σおい! このメンツでそのノリって何だ!
創世神とでも戦うのか!?」えええっ

 

 

 

ーーーーーーーー

 

 


石燕「すんやせん

具現化した妖怪が 『渇』1つで全部消されやした。
やっぱ あっしはタダのモヤシっす」ずーん。

 

粋「Σ即効 石燕がやられた!!」ひええっ

 


蒼月「具現化封じられたら 何も出来ないもんね コイツ。」うーん。

与一「ノリノリで一反木綿に乗って 
見付けたっす!とか突っ込んでったのだがなあ。」あーあ。

 


白「あんなんでも坊主だし
渇で 色々蹴散らせるんだな」へー。

粋「普通の坊さんは無理じゃねえ?」

 


シロ「ふむ。ならば 
やはり 物理的に動きを止めるしかないか

皆、ちょっと耳を貸せ」

 

 

 

魄哉(? 

追手が大人しく  いや、あの子達の事ですから 何か企んでるんでしょう

しかし 困りましたねえ。

いっそこのまんま逃げて 他所で健康診断して結果持って帰れば飛天君の検査は受けなくて済みますが) うーん。

 

小鳥ちちちっ。

 

魄哉「鳳凰診れる獣医知りません?」大真面目っ

小鳥「ちちっ?」困惑っ

 

 

魄哉「ですよねえ

あー かといってアレは。
ちょっと我慢するってレベルの話じゃ無いですし

世間では拷問ですよ さすがに嫌ですって


Σはっ!!」

 

木の枝べきばきざざざざざっ!!

 


茨木童子「はーい。居た居た

ほらほら 『皆』ちゃんと避けないと 此処の馬鹿力に薙ぎ倒されるぞー」

 

樹木左右にがさがさ別れっ

 

彬羽「草木に脅しが効くのか」ほう。

茨木童子「冷静に話せば結構 話通じるぞ?」

大嶽丸「いやあの
あんまり広範囲に派手にやられると 反動を跳ね返すのも結構大変なんだけどな」ぜーぜーっ


茨木童子「うん。お前がミスったら

山の外で無茶した分、俺の体が爆ぜるから術式完璧によろしく」

大嶽丸「Σあああプレッシャーっ!!」ふぎゃああっ

 

 

魄哉「Σくっ! 丸見えにっ

茨木君の植物操作ですか!!」ちいっ

 

 

シロ「だけでは無いぞ」

 

地べたぱきぱきーんっ!!

魄哉「Σわっ!」飛び退きばささっ

 


シロ「ちっ! 足ごと凍らせれば早いかと思ったがっ」ちいっ

魄哉「Σちょっと酷かないですか!?」えええっ


シロ「黙れ! 検査が怖くて逃げ回る大人に言われたかないわ!!」くわっ

魄哉「ああっ!未成年のド正論が辛いっ

しかし! キッツい物はキッツいんですー!!」ばささっ

 


粋「Σやべえ!兄貴 空に逃げる!!」

白「うん。知ってる」頷きっ

 

 


泰澄「急急如律令!!

えーと、 鳥かごっ!!」術式えいっ

 

バチチッ!!

 

魄哉「Σ!?」

 


酒呑童子「おー。 さっすが晴明の孫

どんくさい割に やるじゃねえの」見上げっ

人魚「化物である限り、
アレからは出られませんよねー」うわー。

 


泰澄「触るとバチバチの上痺れますよ!

こんな事したくありませんけど 病気の可能性なら仕方ないですっ

この件晴は明様に内緒にしてるんで安心して下さい!」


魄哉「Σくっ! お気遣い痛み入りますっ」うううっ

 

 


彬羽「昔馴染みに 検査が怖くて逃げ回ってると思われるのはそりゃ嫌だろうしな」

茨木童子「ましてや晴明だもんなー。
全力でおちょくりに来るな」うん。

 


大嶽丸「なあ、さっきから思っておったのだが

ひょっとして やたらと人数が多いのは」

 

 

彬羽「ここまで大人数に迷惑かけてるとなると、
とっとと捕まって検査されようと言う気にもなるだろ?」

大嶽丸「Σ案の定 嫌な心理戦に持ち込もうとしてる!!」ふにゃあっ!

 

 

テオドール「彬羽さん、
まともに見えてちょいちょい壊れられますからねえ」

粋「うん。
常にストレス溜めてるもんな

あれっ!その ストレスの元の兄貴は何処行った?」きょろっ

 

 

 

魄哉(くっ! 仕方ない

上空の何処まで結界が張られてるか解らない以上、
危険ですが 降りて陸路で逃げるしかありませんっ

てか、これ僕が悪いんですか? いや悪いちゃ悪いんですけど) ばさささっ

 


シロ「お。降りて来たぞ」

彬羽「陸路じゃ茨木の能力で 居場所がモロバレだしな。

案の定 追われにくい高い所を選んだか」


粋(キンキラ光ってるから 動き丸解りで 気の毒になってきた)うーん。

 

 


魄哉(いっそ捕まった方が
偉い皆に迷惑かけてるぽいですしねえ。

いえしかし ここまで来ると僕にも意地って物が

 

白「良いから いい加減観念しろ」

足ばらいぱしっ。


魄哉「Σへ」 ずるんっ

 

 

粋「Σうお酷え! 人型に戻った途端!!」ひえっ

大嶽丸「Σおい!絶壁大概高いぞ!!」

 


ばささっ!!

 

魄哉「Σ白君こら危ないでしょう!

何なんです皆して 寄ってたかっ

Σあだだだだだだ!!!」しびびびっ

 

 

泰澄「かかりました。」

彬羽「あの状況で 落とされりゃ

反射的に感情的にもとっさに上に逃げるからな」うむ。

 

 

泰澄「でもって千さん程では有りませんが

あの『鳥かご』には化物の能力を封じる効果があります」

粋「Σお前いつの間にそんな大技を!?」えええっ


泰澄「晴明様の御札をパクりました」どやっ

 


茨木童子「Σあ。鳥落ちた」

彬羽「問題ない 

あの辺には布を張ってるんで落ちても無傷だ」ふっ


テオドール「彬羽さん?
ひょっとして 我が主の足ばらいも指示されました?」

粋(やっぱ時々 カラス怖え)ひええっ

 

 

 

 

 

蒼月「あれ? スタンバってたのに。」大蛇モード にょろろっ

酒呑童子「人数多すぎてお互い余ったな
お疲れさーん」

 

 

 

ーーーーーーーー
ーーーー

 

 


飛天「えー。と言う事で

寝てる間に羽引っこ抜いて検査してみたんだけど

 


ただの天パでした。」

一同「Σ天パ。」

 


飛天「いやー
ほら 人型の方も大概気がクリンクリンしてるだろ?

そりゃ羽もそうなるよなあ。
で、今年は寒暖差やらの関係で 毛根てか羽根の捻くれもパワーアップしてたんだろなあ」あっはっは

 


家康「あ、たったそんだけの事だったんだ」

飛天「だな。
何事も無くて 良かったな」にっこり。

 

 

千様「ですってよー?」

魄哉「・・そうですか」ボロッ。

 

 

白「落っこちても大丈夫にしてても 結局結界で怪我してるし。」

泰澄「すみません
私の腕では微調整がいまいちその」えーと。

 


彬羽「まあ何だ。
次の検査からは逃げんで さっさと終わらせる事だな。」

魄哉「Σ次が有るんですか!?」ひえっ

飛天「場合によってはなー。」

 

人魚「動物にとって 病院は恐怖の対象ですからねえ」

 

飛天「だな。しゃーねえけど

て事で そこの魔王サマ
そろそろ お付きの吸血鬼の餌用の 血液採取の時期

粋「Σあ、逃げた」

 

 

テオドール「Σあああ 毎度毎度申し訳御座いませんっ!」ううっ

 

彬羽「Σこらこの1件で何も学んでねえのか 手前は!!

大嶽丸 追いかけろ!」

大嶽丸「Σなんで俺だ!?「素早さ小回りなら手前だろ!!」

 

 

酒呑童子「これこそ寝てる間に採りゃ良くね?」なあ

茨木童子「失敗したら火の海だろ
キゲンいい時に了承取っとかないとなあ」やれやれ

 


ダミアン「あの、うちの診療所狭いんでな
駄弁るなら外にして貰えんだろうか」事務のバイト中。

 

 

くろねこ太郎の落書き部屋 [フォレストページ+] 夢小説対応・簡単オシャレな創作サイト作成サービス <サイトトップへ戻る