小咄

小咄

くろねこ太郎の落書き部屋 小咄ページです

11月25日

 

 

 

 

一二三「大丈夫だか?お休みした方が良いんでねえだか?」

彬羽「いや問題ない
じゃあ行ってくる」よれっ

小太郎「バイト中に倒れるなよ」わんっ

 

 

粋「え?何?あいつどうしたの?」

 

テオドール「それがその
先日 杜和さんから新年のおせちの件お願いされておられたで御座いましょう?」

粋「あー あの城の皆の分作れってムチャぶりか。
え?今作っても腐らねえ?」

テオドール「どう考えても腐ります。

てか杜和様は大名家の姫様故ご存知無いでしょうが、
いくら彬羽さんとは言え年末に1日其処らで 1人で作るのは無理に御座います

ゆえに ここの所、斎藤家の料理人の方にあれやこれやを伝授されに行かれてる様なので御座いますが」

 

家康「ぶっちゃけ 気遣い疲れみたいだよ」真顔っ

粋「うん。教えられる方もビビるだろしな」ああうん。

テオドール「デカいわガタイ宜しいわ 加えてあの目付きに御座いますからね」うーん。

 

 

家康「あれ近眼なだけでしょ?
メガネかけたら良いのに 危ないよ?」

粋「あーそれは無理無理

すぐ壊す上にさ、似合わな過ぎて兄貴が思いっきり吹き出したから 心折れたぽいや」

家康「・・体は強いのに 内面デリケートだよね つくづく。」納得。

テオドール「で御座いますねえ
そういう性格故、ビビられながら教えてるのも辛いかと思われます」

 

 

白「森のくまさん って歌あったよな?」ボソッ

一同「Σぶっ!」


蒼月「Σ千ちゃんが笑い死にするー!」ひいいっ

一二三「落とし物届けに ビビられながらもめちゃ追っかけてくる熊さん。
成る程だべ」しみじみっ

 

 

間。

 

 

大嶽丸「合わんのなら 極力会わん様にして教えれば良いだろ
バカかお前等は」ふんっ

粋「へ?どういう事?」

 

蒼月「てかお前 なんでうちに居るの?千ちゃん目当て?」

大嶽丸「Σ何を馬鹿な!
安倍晴明の奴が 大掃除しておったら面白い物を見付けたと言うからだなっ」あたふたっ


千様「あー あの人だらしないから

家散らかし放題って 魄哉の奴が座敷童子ちゃんと2人であちこちひっくり返して綺麗にしたって言ってたわー」のほほーん。

小太郎「さすが徳川のオカン」わおんっ

 

テオドール(動じない方ですね 千様さん) わお。

 

千様「で、何々?
大嶽ちゃんお姉さんの事好きなのー?」にやにやっ

大嶽丸「Σはっ!? はあああ!?」

 

白「大嶽丸 そんなでかく無いけどいい歳らしいぞ」

千様「あらうっかり
ほら顔隠してるから イマイチ歳解らんないのよねー」おほほっ

大嶽丸「Σつくづく失礼だな この家の奴等はっ!!」

 


小太郎「とか言いながら ちょいちょい来るんだよなあ」わおんっ

蒼月「青臭いね」うん。

 

 

 


大嶽丸「と、ともかく

マニュアルを作り 作業場に置き、誰でも読める様にしておく 
これだけでも教える側、教えられる側双方負担は減るだろ」しどろもどろっ

彬羽「? 
挙動不審じゃないか?お前」


千様「あら お帰りなさーい」

 

テオドール「しかしそれでは 疑問点が有る場合等に困るのでは御座いませんか?

誰か質問受付的な あ、良かったら私お手伝いに参りましょうか?」

彬羽「ひょっとして 杜和の所の話か?

それならありがたいが

あの城 台所の陽当たり最高だぞ」

テオドール「粋さん。パスで御座います」くるり

 


小太郎「台所で灰になったら かまどの灰と一緒に捨てられちゃうもんな」わははっ

テオドール「Σそうなったら確実に蘇生出来ない!!」うわああっ

彬羽「いや 頼まんから安心しろ」

 

粋「えーと、俺も年末は裏方とは言え 芝居小屋忙しいし、大道具側に回ったりなんやかんやで

あ、でも頑張れば行ける かなあ?」えーとえーとっ

 

蒼月「年末に瀕死のが増えるだけじゃない? コレ」

大嶽丸「うーん。」困惑っ

千様「うちの器用な子って 大概年末忙しい仕事してるしー
誰か適任居ないかしら?」

 

白「ちなみに俺は無理だ
質問が覚えられない」どやっ

彬羽「そもそも手前は自分が芝居小屋で主役とかだろ」


大嶽丸「お前、役者業どうやってこなしてるんだ?」困惑っ

 

 

 

ーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー

 


【地方大名斎藤家 台所】

 


家康「はーい。 と言う事で

先生シャイだから 質問なんかあったら代わりに私にどうぞ 伝書鳩しまーす。
気軽に声かけてね」にこーっ

 


彬羽(Σ良いのか!? 仮にも将軍だぞ
本当に良いのか!?)えええっ

 

 

老家臣「ん? 姫様が連れてきたあの料理人 何処かで見たような?」はて?

家康「どもー。料理人補佐に呼ばれました
やっさんと呼んでね」にこにこっ

老家臣「口の聞き方を いや姫様の客人じゃしな
くれぐれも他の血の気の多い奴に馴れ馴れしくせんようにな」

家康「はいはーい」のほほんっ

 

彬羽(胃薬が欲しいっ!) 胃がキリキリキリッ

 

 


ーーーーーー

 


粋「カラス 大丈夫かなあ」なんとなく不安っ


白「ちょうど暇な無職が居て良かった」うん。

大嶽丸「将軍は無職なのか?」ええー

テオドール「まあ 年中その辺でゴロゴロしておられますからねえ」うんうんっ

 

 

 

くろねこ太郎の落書き部屋 [フォレストページ+] 夢小説対応・簡単オシャレな創作サイト作成サービス