小咄

小咄

くろねこ太郎の落書き部屋 小咄ページです

トップページへはこちらから

12月1日

f:id:t00c:20211129102759j:plain




粋「うっお凄えっ カッチカチッ」拳でぼすっ

彬羽「人の腹筋で遊ぶな」困惑っ



千様「男の子ってああいうの好きよねー」のほほん。


粋「お前何やったらこんななんの
生き物の固さじゃねーだろ。」感心っ


彬羽「怒鳴り声ってのは案外腹筋使う物だが?」

粋「うちの兄貴がホントにマジで毎回毎回毎回ごめん」察し。

彬羽(冗談だったんだが、信憑性有りすぎたか)



蒼月「え、何々? んな固いの?
へー ちょっと俺も

彬羽「待てこら 何どさまぎですりこぎ振りかぶってんだ」

千様(すりこぎてぶん殴ったくらいじゃ効かなさそうねえ)うーん。








白「蒼月何やらかしたんだ?」

蒼月「あーもう構ってやんない!バーカバーカ!!」こたつに潜りっ

粋「アホやらかして脳天にゲンコツコース」ふっ
白「いつもの奴だな」うん。

彬羽「お前が言うか?

で、冗談は置いといてだ。
普通に飲食は力仕事だから鍛えられてるのも有ると思うが?」

粋「へ? あーうん。カッチカチの理由か
忘れてた」

白「芝居小屋の雑用のが絶対力仕事だと思うけどな」




千様「え。 飲食店勤務してたらお腹引き締まるの?」くわっ

彬羽「Σは!? あ、いや個人差は有ると思「はいはーい!アタシ日雇いオッケーよ 今日から12月だし忙しいわよね!?
はい 店長に話つけて!!」



粋(姉ちゃん 腹ヤバいのか。)

白(いつ見ても其処らでゴロゴロダラダラしてるもんな)うん。




千様「よっしゃあ!! これで年末年始の憂い無しよ!!」おほほほほっ


白「負けたのか」

彬羽「・・実際人手は要るからな」げんなり

粋「どんまい。」






ーーーーーーーーーーーー




【割烹 春一】





テオドール「はい! では此方のスポンジケーキ用の卵ひたすら泡立てお願い致します!!」どんっ

千様「ちょっと待って
ここ割烹じゃ無かった?」


ひな「普通の割烹じゃ生き残れませんので!

12月は本場のクリスマスケーキも販売する事にしたんです!」どやっ

朱禅「で、西洋の菓子だしって事で 飼い主からコイツ貸し出して貰ったんだよ」

テオドール「Σあああ庵さん!
それ一緒に混ぜちゃダメです!!」ひいいっ

庵「へ?結局一緒にすんでしょ?」えー。

テオドール「それだと泡立たないんです! ここに注意点メモ貼っておきますのでっ」ぺたり。

庵「Σいや読めない読めない!!」

テオドール「Σ日本語は私が書けません!」

シロ「おい!こっち何か余るのだが!?」

テオドール「Σ何故に!?」ひいっ



彬羽「手前ら なんで指示どおりに出来ねえんだ!!」 くわっ


千様「なんか思ってたのと違
テオドール「すみません 手が足りないので此方もお願いします!」追加の卵どんっ

千様「」



庵「あ、やば
砂糖入れ忘れてた」

テオドール「Σ!!」



灰さらさらっ


シロ「Σおい心折れるな!! 次はどうしたら良いのだ!!」





千様「ちょっ これめちゃめちゃキツく無い!?
う、腕がっ」ひいいっ

ひな「お仕事はキツいものですよー」しゃかしゃかっ

千様(この子! トロそうな見た目の癖に手際凄っ)




彬羽「手順全部 日本語に訳しとくべきだったか」ため息。







ーーーーーーーーーー




【芝居小屋】



粋「あれっ 姉ちゃん なんで居んの!?」大道具手伝いっ

千様「割烹向いてないぽいのよ
此方で雑用やろうと思ってー」



皐月「こっちはええけどな。
人手なんぼあっても足らへんし」すたすたっ


千様「皐月ちゃんが仕切ってる時点で体育会系とは思うけどね」

粋「まあうん。
ちっせー癖に野郎共にガンガン指示出すからな。
つーか大丈夫なのかよ 裏方マジでキツいぞ?」

千様「大丈夫よお。力仕事は任せらんないって言われたし
モギリとかその辺でしょ?」


つつじ「ほな 表で入場料貰て引き換えにコレお渡しして
んでもって エエ席御希望のお客はんに渡すんはこっち。その場合メモ取って案内の係呼んで 今後のリピーターはんになって貰える様きっちり記録を残しといておくれやす。 」

千様「Σ待って待って待って え?こっちが普通のお客さんで?」えーと

つつじ「アカン わて出番どすわ
後は皐月はんにでも聞いといておくれやすっ」すたすたすたっ

千様「Σえええ!ちょ
皐月ちゃんは何処!?」ひいいっ

粋「Σやべ!出番って ほら姉ちゃんが幕開く前に客入れねえと!!」

千様「Σやり方解んないのよおおお!!」パニック!!

粋「あーもう! 俺教えるから!!」作業辞めっ




白「何してるんだお前ら
客入れないと。

あ、もういい 俺やる」すたすた。

粋「Σストップ主演ーーっ!!」

白「出番まだだからな。」

粋「Σいやいやいや! フル装備で主演がモギリておかしいだろ!!」


千様「Σ白君でも出来るの!?」がーん。

白「名前書くとかその辺は 書いてもあいつら読まないしな
適当で良いんだ」しれっ

粋(いやそれ 兄上の字が凄まじ過ぎて読めないだけ。)



千様「え?そんな適当で良いの?
えーとそれならアタシにも「ちょっと待て。」

千様「へ?」



白「年末の忙しい時期にいきなり入ってきて適当でとか

仕事なめるな。」

千様「Σ申し訳ありませんでした!!」びくっ



粋(あーあ。怒られた)あちゃー。



皐月「アンタ ほんま仕事絡むと怖いなー」

白「俺は間違ってない
小道具が探してたぞ」むう。

皐月「ありゃ 私じっとしとらんからなあ」ありゃま




粋「えーと 大丈夫?」おずおずっ

千様「一番適当ぽい子に めっちゃマトモに怒られたわ」ずーん。


粋「しゃーねえよ。年末は此処マジで地獄だもんよ
テオの奴も 雑用より軽めのパシリだけどさ
多分体力持たねえから割烹に貸し出してるもんよ」

千様「Σえ あれそういう事なの!?」


白「調度貸してくれって言われたし

仕事なんて何処行ってもキツいぞ」すたすた。




千様「・・そら痩せるわね」ボソッ

皐月「ちょい待て。 何しに来たん?」







ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーー




千様「今なんて言った?」ずいっ

魄哉「Σへ!?

えーと。 小太郎君の冬毛がモコモコで丸っこくて良いですね。と」びくっ

千様「そうね。冬場は生き物は丸くなるものね?
それが可愛いのよね」うんうん。

魄哉「Σあっ。そ、そうですね」察し






粋「日雇いだから明日はもういいやってさ」

テオドール「割烹の方 1時間もおられませんでしたが」ええー。

白「うん。こっちで残りの1日シゴいた」

シロ「それは 辞めたくもなるであろうな」うむ。




千様「あー疲れた!
立ちっぱで足ダルーい 何もしたくなーい」ごろーん。

蒼月「こっちの世界にお帰り。」

家康「だねえ。労働は大変だよ」あははー
魄哉「それ僕の前で言いますか」

家康「Σ丸投げしてごめんね天海様」びくっ




挿音「あーちくしょ 疲れた冷える
この時期張り込みとかやってらんねえわ」ぶるっ

家康「おお。お疲れっ
今回も隠密任務だったんだねえ」

挿音「おう。夜通しとかマジで凍死するわ

ん?何ゴロゴロしてんだお前
んなだから 最近ケツやら何やらデカくなんだろ だっらしねえな」けっ。

一同「Σ!!」






千様「・・・そんなでかい?」

小太郎「Σえっ お、俺は何も思わないけどっ」ぎゃいんっ




彬羽「こっちが苦労するからやめてくれ。」真顔

挿音「あ? 事実 Σおぐっ!?」

魄哉「疲れてるみたいですし 黙って眠ってて下さい」

家康「Σ何!?何処の秘孔突いたの!?」ひいっ

魄哉「軽く気絶するだけですので御心配無く」






白「気になるなら運動する方が良いと思う」

千様「んー。そっちはなんかダルいのよねー
ほら寒いから続かないし」

家康(むしろそれでその体型なのが驚きだなあ。)うーん。






>サイトトップに戻る