小咄

小咄

くろねこ太郎の落書き部屋 小咄ページです

トップページへはこちらから

3月3日

f:id:t00c:20210302100021j:plain





千様「雛祭りねえ。」日めくりべりっ

挿音「はあ?女の子ってトシでもねーだろ
何はしゃいで





家康「いやー急な雨でびっくりしたねー」ずぶ濡れっ

魄哉「ですねえ 袈裟張り付いて気持ち悪

で、またしょーもない事言ったんですか?」裾絞りっ


挿音「あの女 物で殴るのどうにかなんねえか」頭ぐわんぐわんっ
魄哉「それくらいじゃないと効かないでしょうが。」即答っ


家康「千ちゃん達磨はやめよう
達磨に否は無いからね?」特大達磨っ

千様「ごめんなさいね。その辺にあったんだもの」けっ


小太郎「何でその辺にでかい達磨置いてんだろうな」わおんっ

石燕「家康さんと挿音さんが夏祭りの射的で張り合いまくった結果だそうっす。
ちなみに挿音さんの部屋には 山程デカイ『王将』並んでて怖かったっす」


粋「王将はともかく あの達磨も撃ち落としたのかよ。
すっげー」へー。



家康「あれ、お前今日休み?」

粋「いんや。ちょっとパシリに帰っただけ
なんだけど。」チラッ

魄哉「?」




粋「桃って何処に咲いてんの
最悪枝ひと振でも良いらしいんだけど!」真顔。

魄哉「芝居小屋の装飾ですか」察し。

粋「今年マジで咲いてねえの!
何処に咲いてるか解らないし、今年咲いてるのかも知らないけど
持って帰らねえと 兄貴が一生見習い決定なって!!」必死っ


蒼月「何そのエスっ気しかないかぐや姫
カラスの里のは あ、あれ梅か」もそっ

粋「Σうおお前まだコタツに住んでんの!?」びくっ

蒼月「今更だな。
蛇なんだから当たり前じゃん」

魄哉「今日暖かいんですがねえ」うーん。

家康「春の嵐来てるしジワジワ暖かくなるよ
きっと多分」




一二三「あれ?んじゃこの桃何処に咲いてたんだべか?」



粋「お! 桃有るの
Σ ちょい待て 何処の姫様だよ!!」

一二三「十二ひとえ って奴らしいべー。」えへへー。

魄哉「おや可愛い。」





彬羽「桃の場所か 取り寄せたから解らねえな」ふむ。

蒼月「うん。絶対衣装特注したよねお前
でもって 抱っこで移動って親バカっぷり凄いなホント。」

彬羽「なに言ってんだ。普通に歩かせたら裾引きずるだろうが」

小太郎「あーうん。疑問の位置がちょい違うな」

家康「鳥類って 子育てスイッチ入ると凄いんだねえ」うんうん。

挿音「俺は殴られて育ったがよ?」

魄哉「拳で来るから全力で拳で向き合ってたんですよ?」


蒼月「体育会系親子だなホント。」引。




粋「うー。困った
あ!盆栽とかねえ?」

魄哉「それが今年まだ咲いてないんですよねえ

最近まで寒すぎたからなのか。」うーん。




一二三「要るんならおらの桃の枝あげるべ」特大っ

粋「え、いやそれ お前の桃の節句のだろ!?
良いってそれはダメだって!!」首ぶんぶんっ



一二三「えー。そもそも雛祭りって何する日かしらねーだし」


家康「こういうのって盛り上がってるの周りの大人の方なんだよね」うん。

千様「彬羽君凹まないの」


彬羽「その、何だ
一二三が良いって言ってるなら良いんじゃねえのか?」

粋「いや貰いづれえわ」きっぱり。


小太郎「後ろの京風のめちゃ豪華な雛人形が悲しいなあ」




一二三「良いんだべ。
何か良くわかんねーけど。おらは綺麗なべべ着せて貰ってお祝いして貰って充分だから雛祭りお裾分けだ。

嬉しいのは皆でわけっこするもんだべ」

粋「幼児が1番優しい」じーん。


挿音「キツいのはお前の兄ちゃんだけじゃね?」キセルぷはーっ




魄哉「良いお嬢さんに育ってまあ。」しみじみ

家康「女の子の健やかな成長を願うお祭りだもんねー
これ以上無いよね パパ?」にやにや。

彬羽「煩い。」

蒼月「お前の羞恥心良く解んないよ」


小太郎(毎度パパ呼び否定はしないよな)うん。




白「桃まだか。つつじが装飾足りんって怒っててめちゃ怖いぞ」窓からよいせっと


一同「Σいつも以上に派手なの来たっ!!」ひいいっ

石燕「白さん何役なんすかその格好。」うわあ。



白「雛祭りだから テーマは桃?」はて。

蒼月「うん。全身どピンクで何かと思った」



粋「つーか。俺に絶対持ってこいって言ったのって」

家康「白もつつじが怖かったんだね」うん。


一二三「お急ぎだべか
じゃあ はい。花に気をつけて持つだぞー」

粋「えーと。マジでありがとう
土産にひなあられ買ってくるな」拝みっ



白「梅有ったのか
よし、雨やんでる間に戻るぞ」窓からよいせっ

魄哉「落ち着いて下さい 玄関から出ましょう
Σって 早っ!」


千様「つつじ君仕事が絡むと怖いのよねー」うーん。

家康「よくあの格好で走り回れるよねえ 毎度。」







一二三「白さん凄かっただなあ

おらより派手かも知らねえべ」ぼそっ

彬羽「Σ!!」

石燕「張り合わなくて良いと思うっすよ?」






ーーーーーーーーーーーー






家康「あの天海 何してるの?」

魄哉「コマも女の子ですから。」

年代物の豪華な着物フル着付けっ


コマ『カタッカタカタカタカタっ』カタコトッ




挿音『コマなんて?』

石燕「いやそれが、
これでは戦闘時動きにくいですしランチャーで焼けてしまうので勿体ないです。とか何とか」苦笑。

家康「あの子 本来家事手伝いからくりなんだけどね」


千様「育て親の影響って凄いのねえ」うーん。





>サイトトップに戻る