小咄

小咄

くろねこ太郎の落書き部屋 小咄ページです

トップページへはこちらから

3月16日

f:id:t00c:20190916133004j:plain




小太郎「うわー・・」

蒼月「今日も大物だね」






家康「おお。今日は猪鍋だね」

シロ「また裏山で迷ったな?」

白「うん。」きっぱり


小太郎「猪が気の毒になるなあ
肉嬉しいけど」わおんっ

粋「つーかよ 本能で喧嘩売っちゃいけねえのって解るもんなんじゃねえの?

なんで毎回兄貴に突進してくるかな」うーん。



彬羽「ヤバイと気が付いた時には止まれねえんだろ
猪だからな。」縛り上げっ


家康「あの そのサイズも逆さに吊るすの?」

彬羽「血抜きしねえと臭みで食えねえぞ。」



一同(すっげえ絵面っ)うわあ。





白「こいつももうちょい大きくなってたら 言葉通じたかもしれないのにな。」南無

粋「Σえ。猪ってマジで人語喋んの!?」

蒼月「んなもん居てもレアだからね?
シシ神の森じゃないっての」




魄哉「全ての物は モノノケに転ずる可能性があるんですよ
無機物でも命が宿る事も多々あり
家康「あの、袈裟姿でその手の話やめて
めちゃ宗教ぽくて怖い怖い」



魄哉「袈裟は着ててもお肉は美味しく頂きます」きっぱり

蒼月「アンタ 見た目は聖職者ぽいのに めちゃナマグサだよね」

魄哉「どっちかと言うと見た目はキリシタンぽいらしいですがね」

小太郎「そっちなら更にアウトだよな。」うん


魄哉「さて。血抜きが終わったら捌くお手伝いしませんとねー」いそいそ。

蒼月・小太郎「Σせめて袈裟着替えて来い!!」







石燕「庭の木に大猪がなってるっすねー」うわあ。


シロ「うむ。よく枝折れんよな 」







ーーーーーーーーーーーーー








つつじ「おこんにち


ぎゃあああっ!!!!」

彬羽「ん?」血みどろっ




シロ「ん?二人ともウロついておるとなると、今日は芝居小屋休みか?」

粋「あー。ちょっと客席で食中毒出ちまって」

小太郎「食いもん屋じゃないのに関係あるのか?」わおんっ

蒼月「てか。経営大丈夫なの?」






つつじ「Σうおう!彬羽はんかいな!!ビビらさんといてやっ
あんさん素で何人か殺って来ましたって目付きなんやからっ!!」心臓ばくばく

彬羽「喧嘩売ってんのか」

魄哉「あーこらこら 包丁持ってる時に刺激しちゃダメですよー」

つつじ「Σこっちもずず黒っ!!」ひいいっ




魄哉「そりゃ猪の腹の中に頭突っ込んでたらこうなりますよ」手ふきふき

つつじ「Σ血みどろで穏やかな微笑みやめえ!!」



蒼月「ジジイ捌く手順間違ってない?」

彬羽「汚れを気にしないならこっちのが早いそうだ」




家康「あーそっか。
天海 戦で返り血慣れてるもんね」手ぽん

千様「殿。リアルだからやめて」



白「血抜きしたのにドロドロになるのか?」

彬羽「全く汚れねえならそりゃ干からびてるな」

白「なるほど。」ふむ



つつじ「この家の人らは血みどろで談笑するのが普通なんか?」 真顔。

蒼月「いやアンタ元暗殺者だろ
こんくらいでビビんなよ」


つつじ「Σ暗殺者でもオンオフの切り替えするわ!
てかせんと精神ぶっこわれるわっ!!」



家康「ある意味既にぶっ壊れてるのしか居ないもんねー」あっはっは。

魄哉「ぶっ壊れ筆頭が言いますか」




彬羽「さて、
ある程度切り分けも済んだ

おい。九


九尾「任せろ」くわっ


千様「モツ周り貰えるの待機してたのね」




もっちゃもっちゃ



つつじ(Σグロッ)うぷ。





白「バカラス 俺が頼んでたのは?」

彬羽「こっちに避けてある
生物だから早めにな」

粋「ん?兄貴何頼んでたんだよ」


白「今日の量多いから

シロの元ネタにも少し持ってこうかと思って」

千様「あー。畑中のお婆ちゃん家の犬のシロ君ね」


シロ「お前わざとやっとるだろ!!」

白「何がだ?」にやり。



千様「いじめっこねー。微笑ましいわ」にこにこ。


つつじ「あー。あのシロはんによう似た犬のシロはんな
わてもアニマルセラピーされに着いてこかなあ」

白「お前顔青いぞ」



家康「ん? 畑中?」ぴく


千様「あら?殿知り合い?
町外れでお婆ちゃんがワンコと二人暮らししてるのよ」

家康「え?え? んで 犬はシロみたいなシロだよね?」


シロ「シバくぞお前ら」







魄哉「当たりです。
殿の影武者 たっちゃんこと 畑中太助さんの御実家です。」

千様「Σたっちゃんさんそんな名前だったの!?」



粋「なあ。それバラしていいのかよ?
普通 安全の為に正体不明とかじゃねえの?」

魄哉「大丈夫です。僕が直々にスカウトしましたし
今更若い頃の顔なんざ解らないでしょう?
ここに居る面子以外は知りませんよ」



家康「いやー。若い頃はそっくりだったんだけどねえ

トシとったらたっちゃんはタヌキ顔になっちゃって私キツネ顔でしょ?
いやー 笑えるくらい似てない似てない」

つつじ「何がどうなったらそんな進化するんや」うーん。



石燕「ん?

いやそれまずくないっすか?」

魄哉「はい?」

石燕「つまりー

そのたっちゃんさんは家康さんの若い頃。いくつの時のか知んないっすけど、それに激似だったから影武者にスカウトされたんすよね? 」

魄哉「ですね。」うんうん

石燕「それ、たっちゃんさんのお母さん知ってんすか?」

家康「いやそれは流石にね

幕府要職で家に帰れない仕事って事になってるよ」




石燕「それ。同じ町内で家康さんがウロウロしてから ビビったお母さんに声かけられかねないんじゃないっすか?

家康さん 驚きの見た目詐欺の年齢っすよね」

家康「Σうっおう!考えてなかった!!」ひいいっ

つつじ(ほんまトシいくつなんやろ。)




蒼月「ジジイ?」

魄哉「・・盲点でした。」ふっ




千様「石燕さんナイスよ!! やばっ息子が若い頃の姿のまんま居たらお婆ちゃんパニックなるわ!」

石燕「家康さん。外出控えた方がいいと思うっす」

家康「Σ今更!?」





白「そうか。それでシロの飼い主の婆ちゃん

たまに息子の生霊見るとか言ってたのか。」ふむ


粋「あ、既に遭遇してんだ。」

家康「Σ遅かった!!」



魄哉「今更太助さんにお休みとらせてあげるとして

徳川家康として顔が知られてますからねえ。
いや、しかし 年老いた母親と会えないと言うのも」うーん。

千様「悩む前に血まみれの包丁置きなさい」



彬羽「顔が別物なら問題ないだろ」

魄哉「Σはっ!成る程!!」

家康「Σ何が成る程!?」

蒼月「Σ頼むから包丁置いて!オペ始まりそうで怖いだろ!!」


魄哉「彬羽君さすがです
太助さんと相談してみますね」にこにこ。

彬羽「よし。落ち着いたならまず猪を片付けるぞ」


つつじ「扱い慣れとんな。」



白「じゃ。婆ちゃんは息子と会える感じか?」

粋「んー多分?
顔面別人になってそうだけど まあいっか」



石燕「いやー。世の中狭いっすねえ

つか、白さんはなんでまた そのお婆さんと知り合いなんすか?」



白「逆ナンされた。」

石燕「・・へ?」


つつじ「ほんま ぶっ壊れたお人ばっかやな。」





>サイトトップに戻る